CASアセスメント

CASアセスメント

CASアセスメントとは、千葉県発達障害者支援センター(CAS)が使っている作業能力および認知能力を評価するためのものです。「CASアセスメント」は通称です。

知的障害が中程度から最重度の方を対象としています。対象者にいくつかの作業(自立課題)や認知課題(マッチング)を実施してもらい「得意なこと」「できること」「苦手なこと」の情報を集め支援に生かすことを目的としています。

当センターの事業である「強度行動障害のある方の支援者に対する研修」や「行動障害支援サポーター派遣」を中心に活用しています。

支援者の方で「CASアセスメントをとってもらいたい利用者さんがいる」「アセスメントから支援の方法まで一緒に検討してもらいたい」などのご要望もお受け付けております。ご希望の方は該当地域の事業所までお電話ください。

ご希望の方はこちらへ
※CASアセスメントは診断を目的とした検査ではありません

実施項目一覧

実施項目(デモムービー)

(1)色チップの分類プットイン

(2)色ごとに洗濯バサミをつける

(3)はしの袋づめ

(4)長形封筒に紙を入れる

(5)タオルを畳む

(6)見本に沿って箱に入れる

(7)見本に沿って組み立てる

(8)ハサミで線を切って貼る

(9)同じ数字のポケットに入れる

(10)数字を順番に並べる

(11)物の名前を答える

(12)同じ物を合わせる 実物

(13)同じ物を合わせる 写真

(14)同じ物を合わせる 文字

(15)実物と写真を合わせる

(16)実物と文字を合わせる

(17)写真と文字を合わせる

(18)製氷皿に玉を1つずつ入れる

(19)数字の数だけ玉を入れる

(20)ドットの数だけ玉を入れる

(21)言語指示の数だけ玉を入れる